お役立ち!新人研修の厳選6社

Home > 新人研修について > 会社が新人研修を実施する主な目的

会社が新人研修を実施する主な目的

 新人研修には、はっきりとした目的が必要不可欠といえます。
まず第一に企業の事業に関しての理解を深める目的があります。
新入社員は、就職のための活動でエントリーする会社組織に関して研究を重ねているでしょう。
しかしながら、会社組織が知っておいてほしいことが、一切合切網羅されているとは言えません。
一層深く理解できることで、会社組織サイドの期待が現場の会社の業務で一層的確に反映されるでしょう。
さらに、非常に深い理解により新入社員の意気込みが高まることも望めます。
また、新入社員は、自分自身のポジションの理解はしていたとしても、会社組織が携わるビジネスの全てを把握していないことも多いです。
研修は、会社組織の一員として、会社が関わる事業の概要を把握してもらう契機でもあります。

 また、仕事上の基礎知識習得も目的のひとつです。
会社の業務上で入用になるベーシックな知識やテクニックを習得してもらう目的も不可欠です。
新入社員は、その理解をベースにして、現場で経験し、実際の仕事の習熟度を上げていくことになります。
研修においては、こうした目的の達成効果が非常に高いほど、実際の仕事に入ってからのメンタル的負担を少なくする効果も期待されます。
さらに、一人の社会人としての自覚をもつことも重要な目的です。
研修期間中に、学校時代のメンタリティから一人の社会人としての感覚への変身が求められます。
一人の社会人としての自覚が入用になるわけですが、どういった自覚が求められるのかを具体的に伝えます。
研修を通して、一人の社会人としての常識を感じられるようにします。

 そして、一人の社会人としての礼儀作法の習得についても非常に重要になります。
社会人の経験がない新入社員にとってビジネス上には、はじめてのアクションがたくさん存在します。
研修が現実に実施されている時間のみならず、スタートする前、1日が終えた後の心構えや時間の使い方についての指導も入れて、スピリットを醸成していくことが重要です。
また、現実に行う実務では、どういった仕事をするにも報連相が求められます。
新入社員は、その意味やタイミングを把握できていないことがほとんどです。
報連相を分からないままでは、実際の仕事に入ったときに、会社の業務の停滞や不要な悩みがもたらされる原因にもなってきます。
報連相のやり方と意味を把握して敢行できるところまでの教育が実施されます。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る