お役立ち!新人研修の厳選6社

Home > 新人研修について > 会社外に対して新人研修を要請するメリットとデメリット

会社外に対して新人研修を要請するメリットとデメリット

 自分自身の会社において適任者が存在しなかったりマンパワーが足りなくなっていたりということもあります。
そのような時は、新人研修の実施並びに教師を外部にお願いするというメソッドもあります。
会社外に研修をお願いするメリットデメリットを理解することは重要になります。
外部依頼のメリットとしましてまず第一に、レクチャーすることのプロフェッショナルが担当することがあげられます。
会社内の教師の場合、スキルや習熟度がかなりのレベルでも、教え方まで期待することができるとは限りません。
そういったところ、専門会社ならば、研修の対処の仕方から教師レベルまで、レクチャーすることのスペシャリストです。
受講者にとりましても、取り組みやすい説明で、習得効果も期待することが出来ます。

 また、メリットとして、自分の会社にない重要な情報や専門的な知識も供与できることもあげられます。
研修の中身にも影響されますが、研修の専門会社や教師は、多種多様な業界並びに会社組織の研修において携わり、広範囲に及ぶ専門的な知識を得ています。
特定業界に絞り込んだケースであっても、絶えず最新動向それから、重要な情報やトレンドが研修の中身に組み込まれています。
その結果、現在の会社内にはない専門的な知識や必要な情報が供与される可能性が高いといえます。
自分の会社や既存の社員のもつ専門的な知識やスキルとの調整も求められますが、新情報を取り込んでいくことも大事になってきます。
また、会社内負担軽減に結びつきます。
外に研修をお願いすることを通じて、会社内の研修のための準備に求められる工数は少なくなるでしょう。
企画考案や教師選定そして、実施から評価や分析まで省略できる工数は多くあります。

 外部委託のデメリットとしまして、会社内で遂行するより、費用は割高になることが多い点が挙げられます。
研修そのものを任せるにしても、教師を招き入れるにしても、経費はかかります。
お願いする専門会社や研修プログラムなどにより、求められる経費の差も出ますから、中身をしっかりと相談し、見積もりなどを出してもらい検証することをおすすめします。
また、会社内の独自の中身は伝達しにくい点もあります。
外に研修をお願いする場合、自分の会社独自の信念や方策は伝わりづらいものです。
依頼時に、そういった点までしっかりと伝えて、可能な限りプログラムに反映させてもらうことも大事になってきます。
さらに、自分の会社に存在する見識やテクニックについては、現場を基にして説明することができる会社内の人材のほうが伝わり易いと考えられます。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る