お役立ち!新人研修の厳選6社

Home > 新人研修について > 新人研修で行われるべき内容について

新人研修で行われるべき内容について

 たくさんの会社では例年4月になると、新入社員が入ってくることになります。
大会社は何百人と採用をすることになりますが、あらためていうまでもなく即座に現場で仕事に従事するわけではありません。
一流法人であるほど研修のための期間は長いですし、中小零細企業でもはじめの数ヶ月を研修に充てるところもあります。
新人研修は企業にとって重要です。
人事の担当者にとりましても、一番大事な仕事のひとつといえるでしょう。
新卒採用者の数多くが社会の経験はなく、真っ白な状況の下で入社します。
当然、ビジネスの一般常識と礼儀作法、業務の進め方の知識のない人が大方であり、先輩と同一の仕事量を遂行することはできません。
しかしながら、雇ったならば給料に合う働きを行ってもらわなければならないことから、一人の社会人としてのベースを新人研修で作り上げていきます。

 新人研修は、中身で受講者の将来が決まるといってもいいでしょう。
しかし、隅から隅まで沢山あれば良いものでもありません。
ですので、適切に重要な事柄を教えていくことが大事です。
さらに、受講者に飽きがこないように、それから現実の実際の作業で活かせるよう、研修テキストに対して創意工夫を凝らして、座学のみならず、ロールプレイング並びに会社組織の支店見学などを加えた研修を行なうことが重要になります。
研修の目的は一人の社会人としての基礎部分を組み上げ、サラリーに見合う仕事をしてもらえる人物へとステップアップしてもらうことです。
学校の試験の様に及第点があるということはありません。
おのおの個性を生かし、一層よい人物になってもらえるよう促進し、成長させていくことが重要です。

 新人研修に関しては社会人デビューの方が受けることになる貴重な研修です。
研修のあと、各々の勤務場所の実践で応用できるよう研修を実施することが大事になります。
それに加えて、研修を実施するサイドもしっかりフィードバックを行なって、テキストの改良、指導の中身の変更など検討してみる場を設定し、会社と時世に合った、世間に出ても問題ないという人物つくりを目指すことが大事となります。
研修に取り組む上で、レクチャーする社員にも学びがあるはずで、そのことが将来に向けた人をマネジメントする業務などをする上で役に立ちます。
新人研修については慈善事業ではないですが、短い間で成果を要求するものでもありません。
会社組織が雇用した新人の人件費に注意して、長い期間にわたって会社組織の収益がアップする研修を実行することが大事になります。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る