お役立ち!新人研修の厳選6社

Home > 新人研修について > 新人研修と人材育成の意義に関して

新人研修と人材育成の意義に関して

 バブルが崩壊してからの日本は、失われた二十年を過ごして来ました。
株価は低迷してしまい、就職や転職を希望する方にとっては、氷河期が続いてしまっていました。
ようやく明るい兆しが見えて来たのは、この二、三年のことではないでしょうか。
就職戦線は超が付くほどの売り手市場となっていて、企業にとってはいかにして優秀な人材を確保するかがテーマとなっています。
若者の早期離職も問題となっていますし、キャリアを重ねても早期に退職をされてしまうと大きなダメージとなってしまいます。
魅力のある職場作りはもちろんですが、厳しい社会を生き抜ける人材を育成することが大切です。
そうすることで業績が上がるはずですし、労使の関係は良好になるはずです。
知恵を絞ることで、成長することが出来るのではないでしょうか。

 そんな企業にとっての肝が、新人研修だと言われています。
企業によって差はありますが、一週間~三週間が平均的な期間ではないでしょうか。
机に座ってひたすら講義を聴く新人研修もあれば、無人島で長期のキャンプを強いられるケースもあります。
どちらも忍耐力を要しますが、同期の絆が深まって仕事に対する意欲が芽生えるのではないでしょうか。
仕事はチームワークですし、期間中に培った協調性が必ず役に立つはずです。
新人研修を専門に請け負う会社もありますし、カリキュラムが充実しているので任せて安心と言えます。
安全面の配慮も万全ですし、女性の社員も不安を感じることがありません。
新人研修は企業側にとっては、適性を見極める機関だと言われています。
適材適所に配置をすることで、効率も上がるはずです。

 研修中に学ぶことで最も重要視されるのが、ビジネスマナーだと言われています。
携帯やスマートフォンが全盛の時代になっていますが、電話の応対すらまともに出来ない若者が多い実情があります。
挨拶や名刺交換のマナーもそうですし、基礎からみっちりと学ぶことが出来るのではないでしょうか。
研修を全てやりきることで、自信が芽生えてそれが確信に変わるはずです。
各々の部署に配属された後でも、その経験が自信となって力強く仕事が出来るのではないでしょうか。
当たり前の話ですが、どんなベテランも最初は新人です。
右も左も分からない所からのスタートですし、貪欲に学ぶことが重要ではないでしょうか。
謙虚な気持ちを持って、何でも吸収してやろうと思うことが、人間として大きくなるきっかけになるはずです。

MENU

ページの上部へ戻る