お役立ち!新人研修の厳選6社

Home > 新人研修について > 新人研修と有能な人材の発掘に関して

新人研修と有能な人材の発掘に関して

 景気の回復を受けて、就職戦線は売り手市場が続いています。
これからは更に少子高齢化になりますし、企業にとっては優秀な人材を育成することが課題となるはずです。
最近の若者は、スキルは高いと評価されています。
その一方で、懸念されているのが離職率の高さではないでしょうか。
新規に就職を果たしても、約四割が三年以内に辞職すると言われています。
前向きな転職であれば結構ですが、展望もなく辞めてしまうと後悔してしまいます。
無論、企業側にとっても大きなマイナスとなってしまいます。
女性の管理職登用も増えていますし、働き方そのものが変わって来ていると言えます。
日本には素晴らしい中小企業がたくさんありますし、これからは世界に目を向けるべきです。
競争は激しいですが、勝ち抜くことで業績は上がります。

 優秀な人材を育てるには、入社時から長期的な視点を設定する必要があります。
新人研修が全ての始まりになりますが、カリキュラムを充実させることで、同期の連帯感も増すのではないでしょうか。
官公庁の新人研修も、昔とは大きく変わって来ています。
地方自治体も生き残りを懸けていますし、住民のニーズに応えようと懸命です。
庁舎を訪れる住民はお客様ですし、要望に応えることで評価が上がります。
そこに住みたいと感じる人が増えると、人口や税収が上がるのではないでしょうか。
挨拶や名刺交換のマナーもそうですし、細かな部分を磨くことが必要不可欠ではないでしょうか。
更に充実したカリキュラムになっているのが、民間の企業だと言われています。
大企業ともなれば、毎年200人以上の新入社員が新たに仲間となります。

 変わり種の新入研修としては、ウォーキングが挙げられます。
24時間歩き通すことで、体力と精神力の両方が鍛えられます。
途中くじけそうになりますが、仲間がいることで頑張れるのではないでしょうか。
企業の歴史やアピールポイントをレクチャーするカリキュラムもありますし、楽しくなる工夫がなされています。
新人研修の平均的な期間は三週間ですが、それが終わると一回り大きな人間になっているはずです。
四国の企業では歩き遍路を通して新人研修をする場合がありますし、雪国ではスキーやスノーボードで鍛練する場合もあります。
どんな研修であったとしても、前向きに頑張ることで未来が見えて来るはずです。
お客様ファーストの考えを学ぶことが出来ますし、心が折れることがなくなるのではないでしょうか。
強い日本の礎です。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る